ある程度迎えるといった装具を積んだムードの貨物

ある程度迎えるといった装具を積んだムードの貨物

二か月ほど昔、お客から日雇いはできないかと対談がありました。筋道を聞くとコンサートの局面の準備一助だそうです。注目もありましたのでOKしました。コンサートの初回時間は19チャンスなのに、準備人材の集合時間は朝方8チャンスでした。座敷の脇である程度迎えるといった装具を積んだムードの貨物が入って来ました。私のような日雇いは7ヤツほどいました。慌ただしく特定が飛び始めました。ケースに入った装具から、局面外装用のパネルその他たくさんのものがいつかから次に貨物から出てきました。でっかい声の特定が切れ目無く飛び交っていました。局面準備専任、音、照明専任それらを準備講じるベテランたちが慌ただしく動いていました。私たちは指示されたものを支持された場所に隔たりし、指示された出し方で装具を箱から押し出す、そんな感じでした。一段落ついて静かになった時、照明専任が慎重に一緒を始めました。さすがにプロのテクには歩み寄りがないなとノンプロのボクにも分かりました。パフォーマンスも無事におわり、またあの慌ただしい往来で回収が始まりました。ボクは特定を受けゆっくりと台車に乗せた装具を昔を見ながら局面の上を移動していました。頭に何かが触れました。回収中頃の照明の一部でした。照明担当のプロのトップ若々しい人材がボクに言いました。「こういう、どしろうとが!」と。ボクは思いました。当り前じゃないか、どノンプロだから日雇いなんだよねって。どノンプロにどノンプロといった見下しても何にもならないじゃないかと。但しこういうコピーには毒素がありました。私の逆鱗を誘ったのです。数分次ボクは日雇い仲間に大声で怒鳴りました。「おーい、どノンプロ軍団、がんばるぞー」といった。大人げない職場なのでしょうが、見下しには対抗した方がいいのです。ハプバーの攻略ならこのサイト


Comments are closed.